株式会社タイワ

[B-008]特定の図形をハッチングする方法

[操作概要]
機能[部品 – ハッチング]でハッチングパターンを追加し、範囲を指定して作図します。
(1)パターンを登録する
(2)登録したパターンをハッチングする

[操作説明]
例として、しま鋼板の模様をパターン登録し、ハッチングします。
(1)パターンを登録する

  1. パターン化する図形を作成します。
  2. 機能[部品 – ハッチング]を選択します。
  3. ハッチングパターン画面で「追加」ボタンをクリックし、パターン登録する図形要素を指定します。
  4. 原点を指示し、登録する範囲を指定します。
    原点を指示した後[Enter]キーを2回押すと、図形の最小の外接範囲を登録範囲として、自動で指定できます。
    余白を含めて範囲登録する場合、あらかじめ補助枠や補助点を作図しておくと簡単に指定できます。
  5. ハッチングのパターン名「しま鋼板」を入力し、確定します。

機能[直線 – ハッチング]についての詳細は[B-007]を参照してください。

手順3
手順4,5

(2)登録したパターンをハッチングする

  1. 条件/枠上」を選択します。
  2. 登録したパターンを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
  3. 作図範囲通過点を指示します。
  4. 作図する角度倍率(倍率:1の場合、登録時の実寸で作図)を指定します。
手順1,2
作図例
角度や倍率、条件によって変更可能

更新日:2022/05/23


PageUP